So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「双海王と運命のオメガ~二人のアルファに愛されて~」 [感想]

・双海王と運命のオメガ~二人のアルファに愛されて~/真宮藍璃 シャレード文庫


双海王と運命のオメガ ~二人のアルファに愛されて~ (二見書房 シャレード文庫)

双海王と運命のオメガ ~二人のアルファに愛されて~ (二見書房 シャレード文庫)

  • 作者: 真宮 藍璃
  • 出版社/メーカー: 二見書房
  • 発売日: 2018/06/25
  • メディア: 文庫



オメガバースもの。
初読み作家さん。

運命の番は一人だけのはずなのに、那月は二人のアルファに甘い匂いを感じてしまう。
二人は双子だったせいもあるんだろうな。
どちらかなんて選べない。
というわけで、どちらも。
二人の番になった。
ま、こういうこともあるのね。

オメガバースものとしては、普通のおもしろさだった。

★★★

nice!(37)  コメント(0) 
共通テーマ:

「花吸い鳥は高音が囀る」 [感想]

・花吸い鳥は高音が囀る/中原一也 キャラ文庫


花吸い鳥は高音で囀る (キャラ文庫)

花吸い鳥は高音で囀る (キャラ文庫)

  • 作者: 中原一也
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2018/06/27
  • メディア: 文庫



鳥人BL。
警察もの。
伝説の鳴かせ屋×眼白の捜査官。
二人が組んで、捜査をする。

妖鳥化した眼白が眼白を食べるという、グロい設定。
こういうのはちょっとなぁ……。
マーキングされ、どうしようもないという。
白井も幼い頃にマーキングされ、体がうずく。
白井、あいつは恐ろしいヤツだよ。
ダメだよ、近寄っちゃ。
妖鳥化したイラストがあったが、笠井あゆみさんの美しいイラストでもグロかった。
生理的に受けつけないわ。

捜査内容は、けっこうおもしろかった。

★★★

nice!(37)  コメント(0) 
共通テーマ:

「桜吹雪は月に舞う」 [感想]

・桜吹雪は月に舞う/宮緒葵 ガッシュ文庫


桜吹雪は月に舞う (ガッシュ文庫)

桜吹雪は月に舞う (ガッシュ文庫)

  • 作者: 宮緒 葵
  • 出版社/メーカー: 海王社
  • 発売日: 2017/06/28
  • メディア: 文庫



華は褥に咲き狂う」シリーズと同じ、恵渡が舞台。
少し未来の話。
名奉行の遠山金四郎がモデル。

可愛がってくれた父と母親代わり(男)の情事を見てショックを受けた好文は、家を出る。
子供ぽい振る舞いだ。
世間知らずのおぼっちゃまが恵渡の町で生きていけるのか心配したが、匿ってくれた明星に助けられ、一緒に暮らす。
好文、正義漢がある。
身分が低い人たちへの理不尽な扱いに、憤る。
明星は好文の正体を知っていながら、手元に置く。
惚れたから。

家に戻った好文と戻ってほしい明星との攻防が、読んでいて楽しい。
大人になったなぁ、好文。
北町奉行に任命され、敵対関係になった二人。
それでも、好文が欲しいんだ、明星は。

お白洲で桜吹雪の彫り物を見て、奉行が明星の情人だとわかり観念する、罪人。
勘違いして、さすがお奉行と感心する、役人。
くくくくっ・笑

この話、シリーズになって欲しいな。
いつまで明星のもとへ行かないのか、読んでみたい。

★★★☆

nice!(34)  コメント(0) 
共通テーマ:

「華は褥に咲き狂う~悪華と純華~」 [感想]

・華は褥に咲き狂う~悪華と純華~/宮緒葵 ガッシュ文庫


華は褥に咲き狂う~悪華と純華~ (ガッシュ文庫)

華は褥に咲き狂う~悪華と純華~ (ガッシュ文庫)

  • 作者: 宮緒 葵
  • 出版社/メーカー: 海王社
  • 発売日: 2018/05/28
  • メディア: 文庫



シリーズ、3巻目。
側室候補が送り込まれる話。

仲睦まじい二人に他の人間が入り込む余地なんて、ないもんね。
純晧は富貴子をいろいろと気遣い(本心を隠し)、その姿に光彬は嫉妬する。
いいスパイスになっているじゃん。
ところが、この件はもっと陰謀があった。
呪そとは、恐ろしいね。
おそろしやおそろしや。

異母弟で養子の鶴松がなかなか賢い子で、次の世も、安泰間違いなし。
そう、鶴松がいるんだから、子はいらないよね。
純晧がぜったい光彬を離しはしないよ。

★★★

シリーズはこちら↓

華は褥に咲き狂う (ガッシュ文庫)

華は褥に咲き狂う (ガッシュ文庫)

  • 作者: 宮緒 葵
  • 出版社/メーカー: 海王社
  • 発売日: 2015/01/28
  • メディア: 文庫



華は褥に咲き狂う~鬼と剣~ (ガッシュ文庫)

華は褥に咲き狂う~鬼と剣~ (ガッシュ文庫)

  • 作者: 宮緒 葵
  • 出版社/メーカー: 海王社
  • 発売日: 2016/12/28
  • メディア: 文庫



nice!(39)  コメント(2) 
共通テーマ:

「華は褥に咲き狂う~鬼と剣~」 [感想]

・華は褥に咲き狂う~鬼と剣~/宮緒葵 ガッシュ文庫


華は褥に咲き狂う~鬼と剣~ (ガッシュ文庫)

華は褥に咲き狂う~鬼と剣~ (ガッシュ文庫)

  • 作者: 宮緒 葵
  • 出版社/メーカー: 海王社
  • 発売日: 2016/12/28
  • メディア: 文庫



大奥が舞台の御台所×将軍の2冊目。
今回は、大奥ではなく町中が舞台。

御台所の嫉妬というのは怖くて、光彬はへろへろ。
相手は太夫だから、よけいに。

前作は純晧が格好良かったが、今回は光彬。
暴れん坊将軍みたいだったよ。
それにしても、博通、なんという卑劣なやつ。
何人殺せば、気がすむんだ?
打ち首は、当然だよ。

次は、同じく恵渡が舞台の、遠山の金さんの話だ。

★★★

シリーズはこちら↓

華は褥に咲き狂う (ガッシュ文庫)

華は褥に咲き狂う (ガッシュ文庫)

  • 作者: 宮緒 葵
  • 出版社/メーカー: 海王社
  • 発売日: 2015/01/28
  • メディア: 文庫



華は褥に咲き狂う~悪華と純華~ (ガッシュ文庫)

華は褥に咲き狂う~悪華と純華~ (ガッシュ文庫)

  • 作者: 宮緒 葵
  • 出版社/メーカー: 海王社
  • 発売日: 2018/05/28
  • メディア: 文庫



nice!(31)  コメント(0) 
共通テーマ:

「タフEXTRA1 Unlucky man」 [感想]

・タフEXTRA1 Unlucky man/岩本薫 BBN


タフEXTRA1 Unlucky man (ビーボーイノベルズ)

タフEXTRA1 Unlucky man (ビーボーイノベルズ)

  • 作者: 岩本 薫
  • 出版社/メーカー: リブレ
  • 発売日: 2018/06/19
  • メディア: 新書



タフシリーズ、番外編集。

なんか見覚えある題名だなと思ったら、以前読んだタフの6巻目がこれだった。
うーん。
ま、いいけどね。

響のバースデーの話。
やっぱりこうなるのね。
自分自身にリボンだけを付けて、おめでとうと。
でもこれが、一番嬉しいプレゼント。
えっちシーンは、エロかったデス。

6巻目の表題作だった、「アンラッキー刑事」。
まだ関係がギスギスしていた頃で、シンゴがきゃんきゃんうるさい。
酔っぱらったシンゴが、可愛い。

春くんの目から見た、引っ越しの話。
春くん、わかってないね。
あれは友情ではなく愛情。

二人が高校生の時の、新入生歓迎会の話。
シンゴに女装させるなんて、貴水くん、盛り上げるためには親友も売っちゃうわけね。
シンゴのプリンセス姿は、さぞかし可愛いかっただろう。
結果は想像したとおり。
おぬしも悪だのう。

二人がラブラブになった後の話。
拘束するために手錠を使うなんて、いいのか、響。
とうぜん、手錠したままえっち。

初回特典書き下ろしペーパー付き。
二人で貴水の家に遊びに行く話。
結局のろけてるわけね。

来月は、番外編2の発売。

★★★

シリーズはこちら↓

タフEXTRA2 Hold me tight (ビーボーイノベルズ)

タフEXTRA2 Hold me tight (ビーボーイノベルズ)

  • 作者: 岩本 薫
  • 出版社/メーカー: リブレ
  • 発売日: 2018/07/19
  • メディア: 新書



タフ1 Troublemaker (ビーボーイノベルズ)

タフ1 Troublemaker (ビーボーイノベルズ)

  • 作者: 岩本 薫
  • 出版社/メーカー: リブレ出版
  • 発売日: 2016/07/19
  • メディア: 新書



タフ3 Borderline (ビーボーイノベルズ)

タフ3 Borderline (ビーボーイノベルズ)

  • 作者: 岩本 薫
  • 出版社/メーカー: リブレ
  • 発売日: 2016/08/19
  • メディア: 新書



タフ2 Valentine Kids (ビーボーイノベルズ)

タフ2 Valentine Kids (ビーボーイノベルズ)

  • 作者: 岩本 薫
  • 出版社/メーカー: リブレ出版
  • 発売日: 2016/07/19
  • メディア: 新書



タフ5 Hot Target (ビーボーイノベルズ)

タフ5 Hot Target (ビーボーイノベルズ)

  • 作者: 岩本 薫
  • 出版社/メーカー: リブレ
  • 発売日: 2016/10/19
  • メディア: 新書



タフ4 Light My Fire (ビーボーイノベルズ)

タフ4 Light My Fire (ビーボーイノベルズ)

  • 作者: 岩本 薫
  • 出版社/メーカー: リブレ
  • 発売日: 2016/09/20
  • メディア: 新書



nice!(31)  コメント(0) 
共通テーマ:

「月の旋律、暁の風」 [感想]

・月の旋律、暁の風/かわい有美子 リンクスロマンス

 
月の旋律、暁の風 (リンクスロマンス)

月の旋律、暁の風 (リンクスロマンス)

  • 作者: かわい 有美子
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎コミックス
  • 発売日: 2018/06/29
  • メディア: 新書



アラブのファンタジーもの。

3つの願いを叶えなければならない高位悪魔と、奴隷として異文化の国へ売られてしまい逃げ出した薬師の話。

読んでいて、たいくつだった。
ずらずらと出来事が書かれていて、あんまり起伏がない。
シャハルが翼を出したシーンも、わくわくしなかった。
うーん……。
えっちシーンさえ、そう。
うーん……。
人気のある作家さんなんだけどな。
私も、ビブロス時代から読んでいるんだけれど。
残念。

★★

nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:

「宝石商リチャード氏の謎鑑定 紅宝石の女王と裏切りの海」 [感想]

・宝石商リチャード氏の謎鑑定 紅宝石の女王と裏切りの海/辻村七子 オレンジ文庫


宝石商リチャード氏の謎鑑定 紅宝石の女王と裏切りの海 (集英社オレンジ文庫)

宝石商リチャード氏の謎鑑定 紅宝石の女王と裏切りの海 (集英社オレンジ文庫)

  • 作者: 辻村 七子
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2018/06/21
  • メディア: 文庫



宝石商リチャード氏の謎鑑定シリーズ、第2部開始。

大学を卒業し、スリランカで宝石商の修行をしている、正義。
国家公務員試験は、2次で落ちてしまった。
1部の最後で、その後のことが描かれていたのでわかってはいたけどね。
今回は、豪華客船での話のみ。

私、どうしても、このシリーズはBLな目で見てしまって。
なぞのメールで、リチャードを助けるために豪華客船に乗った、正義。
船の中で再会する二人に、ドキドキ[黒ハート]
でも、部屋でじっとしていろという、リチャード。
正義の安全のためなのはわかっているけれど、つれない。

今回、リチャードにセクハラするオヤジが登場。
地位がある人だから、周りの人は何も言えない。
きぃーっ!
リチャードから離れろ。
リチャードも相手になるんじゃないよ。
最後はセクハラが問題になって、会社での地位も追われる。
しめしめ。

2巻目は、どんな話になるんだろう。
スリランカと東京とで離れているので、なかなか会えない、二人。
正義もリチャードに電話しないし。
リチャードはかけて欲しいんだけれど。

この話はBLじゃないんだけれどね。
そういう目で見ちゃうよね。

★★★★

シリーズはこちら↓

宝石商リチャード氏の謎鑑定 (集英社オレンジ文庫)

宝石商リチャード氏の謎鑑定 (集英社オレンジ文庫)

  • 作者: 辻村 七子
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2015/12/17
  • メディア: 文庫



宝石商リチャード氏の謎鑑定 転生のタンザナイト (オレンジ文庫)

宝石商リチャード氏の謎鑑定 転生のタンザナイト (オレンジ文庫)

  • 作者: 辻村 七子
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2018/01/19
  • メディア: 文庫



宝石商リチャード氏の謎鑑定 エメラルドは踊る (集英社オレンジ文庫)

宝石商リチャード氏の謎鑑定 エメラルドは踊る (集英社オレンジ文庫)

  • 作者: 辻村 七子
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/05/20
  • メディア: 文庫



宝石商リチャード氏の謎鑑定 導きのラピスラズリ (集英社オレンジ文庫)

宝石商リチャード氏の謎鑑定 導きのラピスラズリ (集英社オレンジ文庫)

  • 作者: 辻村 七子
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2017/02/17
  • メディア: 文庫



宝石商リチャード氏の謎鑑定 祝福のペリドット (集英社オレンジ文庫)

宝石商リチャード氏の謎鑑定 祝福のペリドット (集英社オレンジ文庫)

  • 作者: 辻村 七子
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2017/08/22
  • メディア: 文庫



宝石商リチャード氏の謎鑑定 天使のアクアマリン (集英社オレンジ文庫)

宝石商リチャード氏の謎鑑定 天使のアクアマリン (集英社オレンジ文庫)

  • 作者: 辻村 七子
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/11/18
  • メディア: 文庫



nice!(22)  コメント(0) 
共通テーマ:

「PROMISING DEADLOCK season2」 [感想]

・PROMISING DEADLOCK season2/英田サキ キャラ文庫


PROMISING :DEADLOCK season2 (キャラ文庫)

PROMISING :DEADLOCK season2 (キャラ文庫)

  • 作者: 英田サキ
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2018/06/27
  • メディア: 文庫



私の大好きなDEADLOCKシリーズ。
season2の2冊目は、ロブとヨシュアの話。

ヨシュアが本格的に映画俳優になろうかこれでやめるか悩む話。

結婚したらハッピーエンドではなく、その先がある。
ロブとヨシュアは、気まずくなり、たくさん悩む。
かつてないほど悩む。
そういう心理描写、英田さん上手い。

ワイオミングの自然が、素晴らしい。
ここでのんびりしてみたい。
こういうところでも悩んでいる人はいて、高校生の相談相手になる。
年齢を重ねたからこそ見えるもの。
あの頃はそれしか見えなくて、絶望的になったっけ。
二人、親友に戻れてよかった。

ヨシュアが出した結論は、これからの二人を変えていくだろう。
でも、二人の愛は変わらないよ。

★★★★

シリーズはこちら↓

OUTLIVE: DEADLOCK season2 (キャラ文庫)

OUTLIVE: DEADLOCK season2 (キャラ文庫)

  • 作者: 英田 サキ
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2017/06/27
  • メディア: 文庫



STAY: DEADLOCK番外編1 (キャラ文庫)

STAY: DEADLOCK番外編1 (キャラ文庫)

  • 作者: 英田 サキ
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2015/11/27
  • メディア: 文庫



DEADLOCK (キャラ文庫)

DEADLOCK (キャラ文庫)

  • 作者: 英田 サキ
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2006/09/27
  • メディア: 文庫



AWAY DEADLOCK番外編2 (キャラ文庫)

AWAY DEADLOCK番外編2 (キャラ文庫)

  • 作者: 英田サキ
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2015/12/18
  • メディア: 文庫



DEADLOCK 1(キャラコミックス)

DEADLOCK 1(キャラコミックス)

  • 作者: 英田 サキ
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2012/10/25
  • メディア: コミック



DEADLOCK

DEADLOCK

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: インターコミュニケーションズ
  • 発売日: 2007/10/31
  • メディア: CD



nice!(35)  コメント(2) 
共通テーマ:

「純血種の婚礼」 [感想]

・純血種の婚礼/愁堂れな ルチル文庫


純血種の婚礼 (幻冬舎ルチル文庫)

純血種の婚礼 (幻冬舎ルチル文庫)

  • 作者: 愁堂 れな
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎コミックス
  • 発売日: 2018/06/15
  • メディア: 文庫



純血種の贄」のスピンオフ。
今回の主人公は、前作にも登場した、蒼詩。
相手は、銀人の叔父の紫苑。

蒼詩が、健気。
三歳の時に出会って以来、紫苑ひとすじ。
一方の紫苑は、姉を不幸にし死なせた貴城家に恨みを持ち続けながら生きてきた。

題名の婚礼は、銀人と奏の。
めでたい!
といっても、紫苑にぶち壊せられるんだけど。

蒼詩が三歳の頃は、まじ天使。
可愛すぎっ。
イラスト担当の蓮川愛さんの描いた蒼詩が、眼福。

話はたいして面白くなかったんだけれど、天使な蒼詩が拝めてよかった。

★★☆

シリーズはこちら↓

純血種の贄 (幻冬舎ルチル文庫)

純血種の贄 (幻冬舎ルチル文庫)

  • 作者: 愁堂 れな
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎コミックス
  • 発売日: 2017/11/15
  • メディア: 文庫



nice!(41)  コメント(0) 
共通テーマ: