So-net無料ブログ作成

シチュエーションCD「土門熱だらけ ちょっと大胆になって」(ステラワース限定版) [ドラマCDの感想]

・土門熱だらけ ちょっと大胆になって/Velvet Voice petit (ステラワース限定版)


Velvet Voice petit ドラマCD「土門熱だらけ~ちょっと大胆になって~」

Velvet Voice petit ドラマCD「土門熱だらけ~ちょっと大胆になって~」

  • アーティスト: 土門熱
  • 出版社/メーカー: フロンティアワークス
  • 発売日: 2017/09/27
  • メディア: CD



リスナーの投票で決まる、シチュCDシリーズ、第2弾。
演じるのは、土門熱さん

1つめの話は、配達員。
土門さんの声が爽やかで、宅配便のお兄さんにぴったり。
でもさ、耳元で囁かれるのがエロくて[黒ハート]
左の耳元で「そんな恰好、あぶないですよ」なんて囁かれて、きゃ~っ[黒ハート]
えっちシーンでは爽やかさがなくなって、エロエロでいじわる。
2回シテマス。

2つ目の話は、AV男優。
えっちに対して、ちゃんとした意見を持っている。
相手のことを思いやっている。
耳元で囁かれた「オレで実験して」、萌えセリフ。
えっちシーンはゆったりとしている。
シーン最後に優しく言われた「好きだよ」に、きゅん[黒ハート]とした。
本気なんだね。

ステラ特典は、第3位のオネエ。
土門さん、オネエも似合うね。

私が一番好みだったのは、配達員。

★★★★

nice!(31)  コメント(0) 
共通テーマ:

今日購入した本は [購入]

e-honで予約しておいた新刊本が入荷したので、銀行の帰りに取りに行ってきた。

・金獅子の王と漆黒の騎士~蜜月夜~/妃川螢 ガッシュ文庫
  シリーズ3冊目。お披露目として各地を回ることに

金獅子の王と漆黒の騎士~蜜月夜~ (ガッシュ文庫)

金獅子の王と漆黒の騎士~蜜月夜~ (ガッシュ文庫)

  • 作者: 妃川 螢
  • 出版社/メーカー: 海王社
  • 発売日: 2017/09/28
  • メディア: 文庫



nice!(22)  コメント(0) 
共通テーマ:

シチュエーションCD「土門熱だらけ」と「サラリーマン、拾いました。」が届いたよ [届く]

ステラワースさんで予約しておいたシチュCDが、届いた。

・土門熱だらけ ちょっと大胆になって/Velvet Voice (ステラワース限定版)
  人気第1位と2位をドラマ化。ステラ特典CDには、第3位を収録

Velvet Voice petit ドラマCD「土門熱だらけ~ちょっと大胆になって~」

Velvet Voice petit ドラマCD「土門熱だらけ~ちょっと大胆になって~」

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: フロンティアワークス
  • 発売日: 2017/09/27
  • メディア: CD



・サラリーマン、拾いました。/カナリアレコード (ステラワース特典付)
  拾いました。シリーズ、第2弾。演じるのは、四ツ谷サイダーさん。ステラ特典は、ドラマCD

サラリーマン、拾いました。

サラリーマン、拾いました。

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Independent Label Council Japan(IND/DAS)(M)
  • 発売日: 2017/09/29
  • メディア: CD



nice!(22)  コメント(0) 
共通テーマ:

シチュエーションCD「雨枕二期 五月」 [ドラマCDの感想]

・雨枕二期 五月/ひつじぐも





住み込みの庭師として働くことになった。
そこの家の兄弟の五月が、今回の相手。
ホストをしている五月役は、近藤隆さん

五月は花を育てていて、庭の一角を自分専用に栽培している。
それで、庭師の彼女と接する機会も多い。

五月は彼女のことが好きになり告白するが、彼女は恋愛感情は持っていないみたい。

メインのトラックは、彼女を眠りに誘うもの。
安眠効果のあるポプリを枕元に忍ばせ、ゆっくりと呼吸を促し、ゆったりとしゃべる。
ごめん、私は寝むくならなかった。
ウォーキングしながら聴いていたから。
寝しなに聴いたら眠れるかな。

彼女と、どうのこうのというのにはならない。

キャストトーク入り。

★★★

シリーズはこちら↓













nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:

「きみと二人でウチごはん」 [感想]

・きみと二人でウチごはん/牧山とも シャレード文庫


きみと二人でウチごはん (二見書房 シャレード文庫)

きみと二人でウチごはん (二見書房 シャレード文庫)

  • 作者: 牧山 とも
  • 出版社/メーカー: 二見書房
  • 発売日: 2017/09/25
  • メディア: 文庫



表題作と短編が1つ。

同居することになった、料理上手で世話焼きなオーナーと継母子に虐げられてきた内気な新社会人の話。

何で好きになるんだろう?という話が多い中、この話は、二人が惹かれるのが、丁寧に書かれている。
どちらも、惹かれるのは無理ないなと思った。
ま、その後はえっちして終わり、なんだけどね。

食に関してこだわれを持つ朝比奈の作る料理が、どれも美味しそう。
それを食べられる史佳は、幸せ者。
それに、独りよりも二人で食べるご飯の方が美味しいしね。

マンションの他の住人も、気になるところ。
東雲×朱鳥のなれそめは、どんなだったんだろう?
小沼くんと石山くんは、あり?
スピンオフが出るかも。

★★★

nice!(38)  コメント(2) 
共通テーマ:

今日購入した本などは [購入]

12時過ぎて日付が変わったから、昨日になるのね。
大型書店に行き、漁ってきた。

・きみと二人でウチごはん/牧山とも シャレード文庫
  久しぶりの牧山さん。たまにはこういう話も読みたくなって




・甘いの・苦いの?しょっぱいの・・・/花村イチカ ディアプラスコミックス
  発売されているの、知らなかった。絵柄が好きなんです




nice!(38)  コメント(0) 
共通テーマ:

「わが家は祇園の拝み屋さん6 花の知らせと小鈴の落雁」 [感想]

・わが家は祇園の拝み屋さん6 花の知らせと小鈴の落雁/望月麻衣





シリーズ6冊目。

京都の街に張られた結界が脆くなってきて、チームが結成された。
なんか、6冊目にして面白くなってきたよね、この話。
一気に動き出した。

すごく続きが気になるところで終わっている。
くぅぅぅ。
小春ちゃん、なんて答えたの?
もしかしてOKしてないよね?
もちろん、断ったよね?
やっと澪人が自分の気持ちに素直になったのに、兄のほうにいかないよね?
諦めるな、小春ちゃん。
澪人も君のことを好きだよ。
前世の恋の全貌もわかり、今度こそ、二人が幸せになって欲しい。

続きを早く読みたい。
続きは、来年初春か……。
4カ月後か……。

★★★★

シリーズはこちら↓
















nice!(24)  コメント(0) 
共通テーマ:

今日購入した本は [購入]

e-honで予約しておいた新刊本がきたので、銀行の帰りに取りに行ってきた。

・わが家は祇園の拝み屋さん6 花の知らせと小鈴の落雁/望月麻衣 角川文庫
  シリーズ6冊目。前世の恋が明らかに




nice!(29)  コメント(2) 
共通テーマ:

シチュエーションCD「仲吉商店街、恋の湯 営業中!6」 [ドラマCDの感想]

・仲吉商店街、恋の湯 営業中!6/bisCROWN





仲吉商店街シリーズ、6作目。
5作目に登場した遊子澤佳くんと、1作目の主役だった青葉の話。
遊子澤佳役は、梶裕貴さん
青葉役は、前野智昭さん

彼女が遊子澤くんのことを気にかけるのがおもしろくない、青葉。
何だかんだとつっかかってくる。
青葉、そんなに彼女が好きなのか。
もっと素直になりなよ。

5作目の時から、やたらと遅くまで歩きまわっている、遊子澤。
その理由が判明した。
美味しいと評判のパン屋がどこにあるか探し回っていたんだって。
引っ越ししてきたばかりで知らないから。
誰にも訊かず、一人で探し回っていたんだって。
そうだったんだ。
メンバーに会った時に訊けばよかったのに。
恥ずかしがってないで。
勇気を出して。

彼女としゃべっている時は、普通だったよ、遊子澤くん。
青葉ともしゃべられるようになって、よかったね。

遊子澤役の梶くん、いつもより声は低め。
抑えたトーンが遊子澤にぴったり。

恋の感じはないこのシリーズ。
今回も、ない。
青葉、勇気を出してがんばれ!

初回版だったので、キャストトークも収録されていた。

★★★

シリーズはこちら↓













最近、アマゾンの商品が表示されないので、楽天市場にしてます。

nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:

「サイメシスの迷宮 完璧な死体」 [感想]

・サイメシスの迷宮 完璧な死体/アイダサキ 講談社タイガ





アイダさんのBLではなく、サスペンスもの。

話にぐいぐい引っ張られて、一気に読んだ。
BL作家さんだからと思いきや、いやいや、本格的な話だったよ。
コンビの二人には、まったくBL要素はなし。

樹脂フィルムに綺麗にまかれた、死体。
1人目は目をえぐられ、2人目は耳を切り取られ。
異常犯罪。
ちょっと怖かった。

正直、アイダさんはこの分野の小説も、うまい。
それは、BLのDEADLOCKシリーズでも垣間見られた。
犯人や警察官みんなの、心理描写がおかしくない。
無理がない。

共犯者が捕まっていないので、2冊目も出ると思う。
これだけの話を書くんだもの、編集部も黙ってないだろう。

★★★★

nice!(37)  コメント(0) 
共通テーマ: