So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年08月| 2017年09月 |- ブログトップ
前の10件 | -

「わが家は祇園の拝み屋さん6 花の知らせと小鈴の落雁」 [感想]

・わが家は祇園の拝み屋さん6 花の知らせと小鈴の落雁/望月麻衣





シリーズ6冊目。

京都の街に張られた結界が脆くなってきて、チームが結成された。
なんか、6冊目にして面白くなってきたよね、この話。
一気に動き出した。

すごく続きが気になるところで終わっている。
くぅぅぅ。
小春ちゃん、なんて答えたの?
もしかしてOKしてないよね?
もちろん、断ったよね?
やっと澪人が自分の気持ちに素直になったのに、兄のほうにいかないよね?
諦めるな、小春ちゃん。
澪人も君のことを好きだよ。
前世の恋の全貌もわかり、今度こそ、二人が幸せになって欲しい。

続きを早く読みたい。
続きは、来年初春か……。
4カ月後か……。

★★★★

シリーズはこちら↓
















nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:

今日購入した本は [購入]

e-honで予約しておいた新刊本がきたので、銀行の帰りに取りに行ってきた。

・わが家は祇園の拝み屋さん6 花の知らせと小鈴の落雁/望月麻衣 角川文庫
  シリーズ6冊目。前世の恋が明らかに




nice!(28)  コメント(2) 
共通テーマ:

シチュエーションCD「仲吉商店街、恋の湯 営業中!6」 [ドラマCDの感想]

・仲吉商店街、恋の湯 営業中!6/bisCROWN





仲吉商店街シリーズ、6作目。
5作目に登場した遊子澤佳くんと、1作目の主役だった青葉の話。
遊子澤佳役は、梶裕貴さん
青葉役は、前野智昭さん

彼女が遊子澤くんのことを気にかけるのがおもしろくない、青葉。
何だかんだとつっかかってくる。
青葉、そんなに彼女が好きなのか。
もっと素直になりなよ。

5作目の時から、やたらと遅くまで歩きまわっている、遊子澤。
その理由が判明した。
美味しいと評判のパン屋がどこにあるか探し回っていたんだって。
引っ越ししてきたばかりで知らないから。
誰にも訊かず、一人で探し回っていたんだって。
そうだったんだ。
メンバーに会った時に訊けばよかったのに。
恥ずかしがってないで。
勇気を出して。

彼女としゃべっている時は、普通だったよ、遊子澤くん。
青葉ともしゃべられるようになって、よかったね。

遊子澤役の梶くん、いつもより声は低め。
抑えたトーンが遊子澤にぴったり。

恋の感じはないこのシリーズ。
今回も、ない。
青葉、勇気を出してがんばれ!

初回版だったので、キャストトークも収録されていた。

★★★

シリーズはこちら↓













最近、アマゾンの商品が表示されないので、楽天市場にしてます。

nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:

「サイメシスの迷宮 完璧な死体」 [感想]

・サイメシスの迷宮 完璧な死体/アイダサキ 講談社タイガ





アイダさんのBLではなく、サスペンスもの。

話にぐいぐい引っ張られて、一気に読んだ。
BL作家さんだからと思いきや、いやいや、本格的な話だったよ。
コンビの二人には、まったくBL要素はなし。

樹脂フィルムに綺麗にまかれた、死体。
1人目は目をえぐられ、2人目は耳を切り取られ。
異常犯罪。
ちょっと怖かった。

正直、アイダさんはこの分野の小説も、うまい。
それは、BLのDEADLOCKシリーズでも垣間見られた。
犯人や警察官みんなの、心理描写がおかしくない。
無理がない。

共犯者が捕まっていないので、2冊目も出ると思う。
これだけの話を書くんだもの、編集部も黙ってないだろう。

★★★★

nice!(37)  コメント(0) 
共通テーマ:

今日購入した本は [購入]

e-honで予約しておいた新刊本がきたので、仕事の合間に取りに行ってきた。

・サイメシスの迷宮 完璧な死体/アイダサキ 講談社タイガ
  BLではなく、ミステリー




nice!(37)  コメント(0) 
共通テーマ:

今日購入したコミックスは [届く]

銀行に行った帰りに本屋へ寄ったら、続きが発売されていたので買った。

・10DANCE3/井上佐藤 ヤンマガKC
  出版社が変わって、久しぶりに続きが出た。BLがヤンマガでいいのか?




nice!(26)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

「愛に跪く時」 [感想]

・愛に跪く時/英田サキ BBN





雑誌に掲載された表題作を加筆修正した表題作と、その後の書き下ろしが1編。

古代ローマ風。
復讐に生きる勇敢な剣闘士×美貌の貴族。

ルキアノスったら、ぜんぜん素直じゃなくてツンツンで意地ばっかりはっちゃって。
それがずっとだもんねぇ。
そこが可愛いとドミナトスは言うけれど、他の人だったら愛想つかされちゃうぞ。

表題作は、えっここで終わり?!というところで終わっていて、実際に跪いていない。
なんでできなかったかは、2つ目の話に出ていた。
言う機会を逃して、なかなか言えない言葉。
2つめは話はうって変わって、お尋ね者になった二人が旅をする話。
まるっきり違う展開。
こんな風になるなんて。
まあ、占い師ばかりに頼る皇帝は1つ目の話にも出ていたな。

切ないという感じの話ではなく、そんな想いをさせる暇を与えてくれない話だった。

★★★☆

nice!(21)  コメント(0) 
共通テーマ:

シチュエーションCD「極上の美男との恋に溺れるCD 一世風靡―逆転大奥恋絵巻―第二幕」 [ドラマCDの感想]

・極上の美男との恋に溺れるCD 一世風靡―逆転大奥恋絵巻―第二幕/Rejet





極上の美男との恋に溺れるCDシリーズ、2作目。
悦志役は、下野紘さん

悦志、口が達者なのね。
かわいいだの、好きだの、簡単にいうの。
いろいろと贈り物をされてもねぇ。
その言葉に心がこもってないよ。
だから、信じられない。
将軍もそうで、信じていない。
でも、悦志が変わっていく。
不審者がいるということで、真っ先に姫のもとへ。
本当に姫のことが好きになる。
悦志、可愛いヤツじゃん。
彼の気持ちも姫に通じて、めでたしめでたし。

キャストフリートーク。
これを聴いて、本編の下野さんの声、普段の声に近いんだ。
そんなに作ってなかった。
トークはいつもものようにお題に答えている。

このシリーズは、もう聴かないかも。
聴きたいキャストはもう聴いたし。

★★★

シリーズはこちら↓













nice!(37)  コメント(0) 
共通テーマ:

「寺嫁さんのおもてなし 和カフェであやかし癒やします」 [感想]

・寺嫁さんのおもてなし 和カフェであやかし癒やします/華藤えれな 富士見L文庫





BL作家華藤さんの、ライトノベル。
流行の、あやかしもの。

主人公は突然あやかしになった、女の子、真白。
京都に住んでいるんだけれど、助けてもらうために、金沢のお寺へ。
そう、金沢が舞台なんだよねぇ。
金沢近郊在住の私は、地理的に情景が想像しやすいんだけれど、ヘンじゃんとも思ってしまう。
うーん……。

龍成のあやかしを殺さない、という退治のやり方、いいなと思う。
殺さずに癒す。
そうだよね。
あやかしだからということだけで殺されるのって、おかしいよね。

真白が人間になるためには、千人のあやかしを殺すか、その1/10のあやかしを癒すかしなければならなくて、現在、二人。
これは、シリーズ化されるのか?
寺嫁にもなっていないし。

華藤さんらしさを感じられなかったのが、残念。

★★★


nice!(38)  コメント(0) 
共通テーマ:

今日購入した本は [購入]

e-honで予約しておいた新刊本がきたので、取りに行ってきた。

・愛に跪く時/英田サキ BBN
  雑誌に掲載された表題作に、その後の書き下ろし。剣闘士×貴族の身分違いの恋




nice!(38)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -
2017年08月|2017年09月 |- ブログトップ