So-net無料ブログ作成

「真夜中のパン屋さん 午前5時の朝告鳥」 [感想]

・真夜中のパン屋さん 午前5時の朝告鳥/大沼紀子 ポプラ文庫


([お]7-9)真夜中のパン屋さん 午前5時の朝告鳥 (ポプラ文庫)

([お]7-9)真夜中のパン屋さん 午前5時の朝告鳥 (ポプラ文庫)

  • 作者: 大沼 紀子
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2017/06/14
  • メディア: 文庫



久しぶりに出た、まよパン。
と思ったら、これが最終巻だった。
しかも、あれから5年が経ち(こだまは中2。希実ちゃんは大学生)、みんないろいろと変わっていた。

斑目氏は結婚して親になっていた。
あの斑目氏が!
私も驚きだが、本人も驚いている。
なんていうか、普通の幸せを送っているのが意外だった。
人って変わるもんだね。

ソフィアさんは安田さんと別れたりよりを戻したり。
さんざんBL読んでいるから、この二人の恋は理解しているが、やはり現実的にはなかなか。

弘基。
彼の変化が、一番驚いたかも。
まさか、店を辞めているなんて。
理由が、らしいなというもので。
しかも、現在はパリ。
希実ちゃんと付き合うことになったのは、驚かなかったけれどね。

希実ちゃんは、ひきこもりになってしまった(大学に入ってすぐ、付き合う前)。
お母さんの死の影響が、後から出てきたんだね。
周りの人々に支えられて、今は大丈夫。

そして、暮林さん。
従業員募集って、弘基はもうここには帰ってこないのかな。
帰ってきて欲しいんだけれど、ダメかな。
戻ってきて、めでたしめでたしで終わって欲しかったんだけれどね。

5年て短いようで長い。
いろいろと変わった。
立ち止まっていないんだね。

完結記念で特別編の全プレがある。
応募しなくては。

★★★☆

シリーズはこちら↓

([お]7-1)真夜中のパン屋さん 午前0時のレシピ (ポプラ文庫)

([お]7-1)真夜中のパン屋さん 午前0時のレシピ (ポプラ文庫)

  • 作者: 大沼 紀子
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2011/06/03
  • メディア: 文庫



([お]7-2)真夜中のパン屋さん 午前1時の恋泥棒 (ポプラ文庫)

([お]7-2)真夜中のパン屋さん 午前1時の恋泥棒 (ポプラ文庫)

  • 作者: 大沼 紀子
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2012/02/03
  • メディア: 文庫



([お]7-4)真夜中のパン屋さん 午前2時の転校生 (ポプラ文庫 日本文学)

([お]7-4)真夜中のパン屋さん 午前2時の転校生 (ポプラ文庫 日本文学)

  • 作者: 大沼 紀子
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2012/12/05
  • メディア: 文庫



([お]7-6)真夜中のパン屋さん 午前3時の眠り姫 (ポプラ文庫 日本文学)

([お]7-6)真夜中のパン屋さん 午前3時の眠り姫 (ポプラ文庫 日本文学)

  • 作者: 大沼紀子
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2013/10/04
  • メディア: 文庫



([お]7-8)真夜中のパン屋さん 午前4時の共犯者 (ポプラ文庫)

([お]7-8)真夜中のパン屋さん 午前4時の共犯者 (ポプラ文庫)

  • 作者: 大沼 紀子
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2016/03/15
  • メディア: 文庫



nice!(45)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ: