So-net無料ブログ作成
検索選択

「うちの執事に願ったならば」 [感想]

・うちの執事に願ったならば/高里椎奈 角川文庫


うちの執事に願ったならば (角川文庫)

うちの執事に願ったならば (角川文庫)

  • 作者: 高里 椎奈
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/03/25
  • メディア: 文庫



うちの執事が言うことには」の、2ndシーズン。
題名がちょっぴり変わって、「うちの執事に願ったならば」。
いつものように、本編が3つに幕間が1つ。
花頴の大学が夏休みの頃。

1つめは、食中毒疑いの話。
烏丸家が経営している会社の1つで、鶏肉を扱っている会社がしているファストフード店のお客さんが食中毒になったかもしれないと。
びっくり。
いままで烏丸家が会社をしているなんて、出てこなかったよ、たしか?
なるほど~。
花頴はまだ未成年だから、経営に参加していないのね。
食中毒の真相は、こんなことってあるんだ…だったんだけれど、私は烏丸家がいろんな会社を経営していることに驚いたよ。

2つめは、花頴が友人の家に泊まりに行く話。
烏丸家の皆さんは、今まで学校で特に親しい人がいなかった花頴に友人ができ、しかも誘われてお泊りしに行くことに、喜んでいる。
うちのお坊ちゃまが、うっうぅぅ(泣)
花頴、よかったね。
事件は、おまつりの現場で起きる。
変わったお祭りだね。
本当にあるのかな?
事件よりも、花頴にいい友人が持ててよかったね。

幕間。
2つ目の話の、執事視点で。
なんと、びっくりな真相。
衣更月、お疲れ様でした。

3つめはの舞台は、アメリカ。
舞踏会に誘われて、ニューヨークからハンプトンへ。
お父さんと鳳と衣更月も、一緒。
赤目さんも。
花頴が勘違いして、衣更月が年寄りになる話。
庶民には縁遠いわ。
なんで花頴は勘違いしたんだろう?
冷静に考えればわかりそうなのに、そんな浦島太郎の玉手箱みたいなこと、現実にはないって。
赤目は、楽しんでたな。

★★★☆

シリーズはこちら↓

うちの執事が言うことには9 (角川文庫)

うちの執事が言うことには9 (角川文庫)

  • 作者: 高里 椎奈
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2016/11/25
  • メディア: 文庫



うちの執事が言うことには 第5巻 (あすかコミックスDX)

うちの執事が言うことには 第5巻 (あすかコミックスDX)

  • 作者: 音中 さわき
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2016/12/26
  • メディア: コミック



うちの執事が言うことには【全9冊 合本版】 (角川文庫)

うちの執事が言うことには【全9冊 合本版】 (角川文庫)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2017/03/25
  • メディア: Kindle版



うちの執事が言うことには (角川文庫)

うちの執事が言うことには (角川文庫)

  • 作者: 高里 椎奈
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2014/03/25
  • メディア: 文庫



うちの執事が言うことには (6) (角川文庫)

うちの執事が言うことには (6) (角川文庫)

  • 作者: 高里 椎奈
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2015/11/25
  • メディア: 文庫



うちの執事が言うことには (1) (あすかコミックスDX)

うちの執事が言うことには (1) (あすかコミックスDX)

  • 作者: 音中 さわき
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2015/11/26
  • メディア: コミック



nice!(36)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: