So-net無料ブログ作成

「王と剣-マリアヴェールの刺客-」 [感想]

・王と剣-マリアヴェールの刺客-/妃川螢 カクテルキス文庫


王と剣 ーマリアヴェールの刺客ー (カクテルキス文庫)

王と剣 ーマリアヴェールの刺客ー (カクテルキス文庫)

  • 作者: 妃川螢
  • 出版社/メーカー: Jパブリッシング
  • 発売日: 2017/08/18
  • メディア: 文庫



実の妹である王女付の騎士として輿入れに同行してきた、イオ。
王を暗殺する命を受けて。

月の煌めく夜、黒衣の騎士のアレクと出会う。
毎晩、二人は秘密の花園で会う。
これがロマンチックで。
ある日押し倒されてキス。
王に謁見し暗殺する前の晩、二人は結ばれる[黒ハート]
きゃ~っ[黒ハート]

アレクの正体なんてすぐにわかったけれど、それでもおもしろかった。
妹の恋もすぐにピンときたけれど、お幸せに。
結婚するのもすぐに想像できたけれど、式は素敵だった。

式の後のえっちシーンががっつりとないのが、残念だった。

創刊3周年ということで、特別SSが付いていた。
本編後のショート。
イオ、恥ずかしがりやなのね。
みんな幸せそうで何より。

★★★★

nice!(34)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 34

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。