So-net無料ブログ作成
検索選択

「ブランケット・キャッツ」 [感想]

・ブランケット・キャッツ/重松清 朝日新聞社


ブランケット・キャッツ

ブランケット・キャッツ

  • 作者: 重松 清
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2008/02/07
  • メディア: 単行本



ブランケット・キャッツ (朝日文庫)

ブランケット・キャッツ (朝日文庫)

  • 作者: 重松 清
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2011/02/04
  • メディア: 文庫



NHKでドラマ化され、おもしろそうだなと、図書館で借りて読んだ。

テレビとは設定が違うのね。
原作本は、ペットショップがしている2泊3日のレンタルキャットだった。
テレビは、猫をもらってもらえるかの2泊3日の貸し出し。
テレビの設定の方がおもしろい。
原作本は、お客さんの立場の話。
ドラマは、どちらも絡む。

借りる人は、いろんな事情がある。
だから、ドラマになるんだね。
会社のお金を横領した常連さん。
施設に入る祖母に可愛がられた猫の身代わりを探している人。
猫を買おうと迷っている夫婦の練習に。
リストラされて猫を買いたがったていた子供たちのためにせめてものと。

異色な話だったのは、レンタルされた猫が途中で旅に出る話。
これのみ猫目線。

うちは犬しか飼ったことがないので、正直、猫はあんまりわからないんだよね。

猫を通しての、家族再生の話だった。

★★★☆

nice!(38)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 38

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。