So-net無料ブログ作成

「センチメンタル・セクスアリス」 [感想]

・センチメンタル・セクスアリス/砂原糖子 ルチル文庫


センチメンタル・セクスアリス (幻冬舎ルチル文庫)

センチメンタル・セクスアリス (幻冬舎ルチル文庫)

  • 作者: 砂原 糖子
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎コミックス
  • 発売日: 2006/11/15
  • メディア: 文庫



なんで10年も前に発売された文庫本をいまさら読んだのは、ドラマCDが聴きたかったから。
やっぱ原作は知ってないと。
私、鈴木たつ受りCDが、聴きたかったんです。
いろいろと検索したら、この本のドラマCDが、そうだったんです。
そういうわけで、原作本を読んでみた。

モデルをしている春巳くん、ツンツンな子。
えっちシーンの時だけ、デレな子。
もっと素直になりなよ。

攻の仙介くんは、実直な子。
あんまりしゃべらなくて、朴訥。
春巳のことが好きで、奴隷状態。

命令を何でも聞く仙介。
わがままな春巳。
こんなんでいいのか、春巳。
今に呆れられるぞ。
ほらね。
もっと素直になればよかったのに。
意地はってないで、見栄はってないで、自分の気持ちに正直に。

一度はダメになりかけた二人。
これからは今までとはちょっと違うよね?

★★★

nice!(38)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 38

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0